年収1,000万円、あきらめたの?
【30歳までに年収1,000万円を目指す人を応援したい】
営業マンの悩み

つらい営業スランプから脱出する『3つの対処法』を徹底解説【実践編】

良い評価をもらった20代ビジネスマン
ハツトラ
ハツトラ
どうしたら、つらい営業スランプから抜け出せるのでしょうか?

 

 

このようなお悩みにお答えします。

【この記事を書いている人】

Zousan
Zousan
フリーランス不動産営業マンのZousanです。

新卒で年収300万以下の営業会社で1年半のあいだ契約ゼロ

情けないことに営業の厳しさに耐えきれず2年目に転職をしました…。

 

転職して3年間営業を離れ、再び転職して営業に戻ると営業力が開花

 

30歳で年収1,000万、のちに年収1,800万円を達成しました。

社会の厳しさと優しさの両方を経験した現役の営業マンです。

 

【この記事を読むと分かること】

①.営業がスランプにおちいるポイント

②.営業スランプの特定の仕方

③.営業スランプから脱出する具体的な方法

 

営業の仕事をしていると必ずやってくる営業のスランプ

 

評価が下がる20代の男性ビジネスマン

 

Zousan
Zousan
私も過去に3回ほどスランプに悩みました。

 

その度に自分のセールストークを見直したり、先輩にアドバイスをもらったりしましたが、スランプに陥った理由や原因がなかなか分からず、ますますスランプにはまった経験があります。

 

私が実践しているスランプへの対処法は

数値データの変化をしっかりとらえること

から始まります。

 

プロジェクトの課題を話しあうチーム

 

やみくもにこれまでの方法を変えても上手くいきませんし、スランプの原因の特定に時間がかかり、ますます抜け出しづらくなると実感しています。

 

☞ そこで今回は営業のスランプにお悩みの方に向けて、営業スランプから脱出するための3つの対処法をご紹介します。

 

悩める方に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

この記事はこの読者におすすめ

・営業のスランプに悩んでいる方

・スランプから抜け出す方法を知りたい人

・同僚や部下がスランプに悩んでいるマネジャー

 

【転職を成功させるポイント】

『いまの会社を辞めようかな』と思い始めたら、まずは『転職サイト』と『転職エージェント』には登録をしておきましょう。

 

なかでも、対面でキャリアの相談や履歴書の書き方などをアドバイスしてくれる『転職エージェント』はいくつか登録をしておいた方が無難です。

 

エージェントによってサポートの手厚さの違いや担当者との相性の良し悪しがありますので、できれば3社は登録しておくことをおすすめします。

 

登録も利用も無料で、さまざまなサポートを受けれますので、いち早く就職先を決めたいのであれば転職エージェントの利用は外せません。

 

今後は景気が冷え込み、企業の採用が減る可能性も高まっていますので、転職を考えている方はまず一度相談だけでもしてみましょう。

 

 

\【スマホで簡単3分】登録はこちら/

公式サイトからdodaに登録

/利用者の満足度は90%以上!!

 

*無料登録後も一切費用はかかりません

 

 

営業マンがスランプから脱出する3つの方法

良い評価をもらった20代ビジネスマン

 

Zousan
Zousan
営業マンがスランプから脱出するための3つの方法を解説していきます。

 

 

営業スランプ脱出の方法①.自分の営業スタンスを見つめ直す

新人営業マンの様子

 

まずは自身の営業スタンスを見つめ直すことから始めて下さい。

 

次の5つを意識してみましょう。

 

 

1.下手に新しいことを始めようとせずに『基本』を見直そう

自分の長所に気が付いた男性

 

営業がうまくいかないと感じると、何か新しいものを取り入れようとしがちですが、それはおすすめしません。

 

ここで営業方法などを変えてしまうと『どうして失注したのか』という原因の特定が難しくなってしまいます。

 

Zousan
Zousan
スランプにおちいった時こそ『基本を見直す』ことが大切です。

 

 

 

2.思うようにいかない時こそ『行動量』をあげていく

走り出す男性ビジネスマン

 

結果が出ていない中で、まだその『原因』が特定できていないときに、コントロールできること『行動量』を増やしていくことです。

 

Zousan
Zousan
もちろん営業の『質』は大切です。

 

ですが、お客さんへのアプローチやアポイント取りなど、そもそもの『行動量』が足りていなければ結果はついてきません。

 

また、営業がうまくいかない理由がまだ分からない中でも『量』をこなすことで『営業結果のサンプル』を集めることができます。

 

良い結果もあれば、悪い結果もあると思いますが、この営業結果のサンプルが増えることで失注した原因がどこにあるのかが分析しやすくなってきます。

 

スランプ時でもコントロールできる『行動量』を上げることが大切です。

 

 

3.スランプは『過程』であると考え、『目標』の達成にフォーカスする

自転車で坂道を下る男性ビジネスマン

 

営業チームの中でしっかりと戦略をたてて、営業ツールも練ったものを使っているのであれば、結果が出ていないのは『成果があらわれるまでの過程』である場合があります。

 

とくに扱っている商材が会社にとっても新しいものである場合や、チームの配置転換などがあった場合は、結果が出るまでに時間を要することもあります。

 

そういった場合は、当初かかげた目標を達成することにフォーカスして、引き続きお客さんへのアプローチを継続した方が状況が好転することがあります。

 

その際には営業のアクセルを踏み込むイメージで、さらに『行動量』をあげていくと効果が早く現れます。

 

 

4.やみくもにアドバイスを求めず、相談する人を注意して選ぶ

休憩をする男性ビジネスマンと女性ビジネスマン

 

スランプの時ほど上司や同僚にアドバイスを求めたくなるものです。

 

しかし相談する人は注意して選ぶのが無難です。

 

というのも、やみくもに他人に相談をしてもなかなか的を得たアドバイスをもらえることは少なく、かえって多くの意見に惑わされてしまうこともあります。

 

私が過去に営業スランプにおちいった時に、直属の上司ではなく他の部署の先輩に飲みに連れて行ってもらったのですが、こちらが抱えている悩みを本質を理解してもらえず、結局は『まあ、頑張っていこうぜ』の一言で片づけられ、5時間くらい無駄に使いました…。

 

上司のアドバイスをもらう20代

 

☞ 同じチームの上司や同僚に相談をした方があなたの悩みを共有しやすので、まずはチームのメンバーの中で『何を相談するのか』を決めたうえで、相談する人を選んでみて下さい。

 

Zousan
Zousan
悩みのテーマごとに相談する人を変えるのもアリだと思います。

 

 

5.『否定すべきもの』と『否定しないもの』を考えてみる

断る男性と許可する女性

 

営業の結果が出ていない時に、そもそもアプローチ数が足りなかった、他の作業に追われ営業時間が確保できていなかった、など自身の営業プロセスの中で否定すべきものは確実にとらえて、徹底的に改善してください。

 

『行動量が足りない』とか『時間が確保できていない』など、意外と基本的なことが不足していることがあります。

 

しかし、少し結果が出なかったからと言って『自分は営業に向いていないのではないか…』のように、自身を否定することは避けてください。

 

Zousan
Zousan
過度な自己否定は良くありません。

 

☞ メンタル的にはつらい時期ですが、失注した原因を特定して、対処することが出来れば、あとから自然と結果はついてきます。

 

 

【転職を成功させるポイント】

『いまの会社を辞めようかな』と思い始めたら、まずは『転職サイト』と『転職エージェント』には登録をしておきましょう。

 

なかでも、対面でキャリアの相談や履歴書の書き方などをアドバイスしてくれる『転職エージェント』はいくつか登録をしておいた方が無難です。

 

エージェントによってサポートの手厚さの違いや担当者との相性の良し悪しがありますので、できれば3社は登録しておくことをおすすめします。

 

登録も利用も無料で、さまざまなサポートを受けれますので、いち早く就職先を決めたいのであれば転職エージェントの利用は外せません。

 

今後は景気が冷え込み、企業の採用が減る可能性も高まっていますので、転職を考えている方はまず一度相談だけでもしてみましょう。

 

 

\【スマホで簡単3分】登録はこちら/

公式サイトからdodaに登録

/利用者の満足度は90%以上!!

 

*無料登録後も一切費用はかかりません

 

 

 

営業スランプ脱出の方法②.数値化してスランプの理由を分析する

分析の結果を話し合う男女

 

Zousan
Zousan
営業スランプを脱出するためには、自身の『営業プロセスを数値化』して、比較・分析することが大切です。

 

 

1.営業プロセスの中の『数値の変化』を知る

自分の長所に気が付いた男性

 

あなたの営業プロセスの中で数値データはとっていますか?

 

電話アプローチ数、メールでのアプローチ数、アポイント数、申込の獲得数、成約率など数値を見れば変化が分かります。どこの数値が落ちているのかが分かれば失注した原因が見えてきます。

 

さらに数値の変化を比較する上で、

【押さえたい数値データ】

・自身の過去の数値データ(アプローチ数、商談数、申込数、成約率)

・営業チーム内で数値データを共有し比較する

・競合する他社の数値データ

 

これらの数値データが整っていると『失注した原因』の特定に役立ちます。

 

①過去の自分、②チーム内での自分、③競合他社に対する自分の立ち位置が分かると、営業プロセスのどこの過程で足を引っ張っているのかが把握しやすくなります。

 

 

2.数値をもとに営業スランプの理由を特定する

意見を出し合う20代のメンバー

営業プロセスの中の数値データを分析することで、スランプの理由と考えられるものが見えてきます。

 

ここで役に立つのが失注した原因を集計しておくことです。

 

たとえば不動産の住宅営業を例に考えてみると、

【失注した原因の例】

・他社の住宅の方が駅より遠いけど、価格が安いから

・新築は予算オーバーなので、中古住宅を検討しているから

・扱っている物件の数が少ないと感じたから

・追加オプションの魅力があまりないと感じたから

 

Zousan
Zousan
お客さんからアンケートをもらえるのであれば『生の声』を聴くことができますね。

 

アンケートがとれない場合でも、お客さんへのヒアリングが十分できていれば失注したと考えられる理由を営業結果のサンプルとして蓄えることができます。

 

この失注した原因となる営業結果のサンプルの集計と分析こそスランプ脱出の鍵ですので、入念に取り組んでください。

 

【スランプ脱出の鍵】

☞ 失注した原因となる営業結果のサンプルの集計と分析

 

 

営業スランプ脱出の方法③.失注原因への対処と営業シナリオ見直し

チームミーティングの様子

失注した原因が特定できたら、次は『対処法』を考えていきます。

 

そして自身の営業プロセスをもう一度整理してみてください。

 

 

1.特定した『失注した原因』への対策を講じる

工事の進捗を確認する

 

失注した原因』が見えてくると対処法のアイディアが浮かんでくると思います。

 

しっかりと営業チーム内で共有して、各メンバーから多くの意見を集めて下さい。

 

Zousan
Zousan
失注した原因がわかったのに具体的な対策ができなければスランプ脱出は遠のいてしまいます。

 

ここで大切なことは『営業結果に対する対策ではなくて、その営業結果をもたらした原因をつぶすための対策』です。

 

 

 

2.外部環境の『今』をとらえ、戦略や営業ツールを見直す

メモをまとめる女性ビジネスマン

 

失注した原因がすべて『内部環境』が要因であるとは限りません。

 

内部環境とは営業スキルや提案力などです。

 

もし市場環境の変化や競合の商品力の向上など、外部環境の影響が強いようであれば市場・競合・自社の分析(いわゆる3C分析)を行うのが良いでしょう。

 

その上で、チームとしての営業戦略と営業ツールの修正と立て直しをはかりましょう。

 

 

 

3.営業シナリオを見直し、提案の精度をあげる

女性ビジネスマンのプレゼンテーション

 

営業の戦略とツールの修正を終えたら、ふたたび商談での実践ですね。

 

ここで営業シナリオをしっかりと見直して、提案の精度を上げることが大切です。

 

営業において大切な『仮説』や『提案』の精度をあげるためには、お客さんから『悩み』を聞き出すことが重要です。

 

そこで、お客さんが『求めている姿』と『今の姿』を聞き出し、そのギャップを埋めるための提案をするように心がけてみてください。

 

 

ケーススタディ(本社移転を検討する法人の例)

 

Zousan
Zousan
不動産業界の仕事で例に、ある会社が本社の移転を検討しているケースを考えてみます。

 

チームミーティングの様子

 

『求めている姿』・・・部署を超えたコミュニケーションが活発で、新しいアイディアや企画がどんどん湧いてくるような風通しの良い会社にしたい。

 

『今の姿・悩み』・・・借りているオフィスビルでは複数フロアに分散しているので部署間のコミュニケーションが不足している。

 

またエレベーターや階段での上下の移動が毎日大変。でも賃料は上げたくないし、引越し費用の予算はそこまで多くない…

 

Zousan
Zousan

『解決策として』・・・大型ビルの1フロアに全ての部署を集約して移転するのはどうでしょうか?

集約することで借りている面積が減った分、大型ビルに移転しますが毎月の賃料はあまり変わりませんよ。

引越し費用は移転先ビルでフリーレント(賃料の減免)をもらえそうなので、浮いた賃料分を充てればだいぶ回収できるのではないでしょうか?

 

あくまで一例ですが、お客さんが抱えている『悩み』と『求めている姿』を聞き出し、そのギャップを埋めるための『解決策』を提案するまでのシナリオを作りましょう。

 

Zousan
Zousan
無理やりお客さんにアポイントをとって、自社の商品をゴリ押しすることが営業ではありません。

 

お客さんの『悩み』を探し出して『希望の姿』をかなえるために『解決策』を示すことが営業の大切な役割です。

 

 

 

営業スランプに悩む方へ

契約を勝ち取った男性

 

ここまで読んで下さった方は、今まさに『営業スランプの真っただ中にいる』のかもしれません。

 

私は過去のスランプの際に気持ちが落ちこんでしまい、頭であれこれと考えているうちに行動量が減っていて、結局はただ『営業活動に十分な時間をかけていなかった』という、基本的で致命的なミスをおかしていることもありました。

 

一方で、しっかりと営業活動に専念しているのに、いっこうに物件案内や申込書を獲得できず、『どうしてなんだろう』と約1ヶ月のあいだ悩んでいる時期がありました。

 

その時はある大手デベロッパーの新築オフィスビルのテナント誘致の営業代行を請け負っていたのですが、手元にある営業プロセスの数値データや同じ営業チームのメンバーから意見を集めて『失注している原因』を分析して、アプローチをしていたエリアと客層を少し変えてみるという判断をしました。

 

すると、2週間後すぐに効果があらわれて、私の営業先のお客様から空室すべての申込をいただき、300坪(約1,000㎡)の契約を1ヶ月で結ばせてもらうことができました。

 

さらに、ちょうど契約をした翌日が新築オフィスビルの竣工日(=建物が完成する日)であったため、クライアントの希望であった『満室稼働で竣工』という当初の目標を無事に達成することができました。

 

工事の進捗を確認する

 

 

Zousan
Zousan
営業スランプは『登山をしている時に霧がかかる』ような状況だと考えています。

 

ここで慌てて進路を変更することはかえって危険な場合もあるので、安易に進路変更をするのではなく、落ち着いて今いる状況を分析することが大切ですよね。

 

実際の登山であればコンパスや地図を使って現在地を確認しますし、気温や湿度の変化がわかると今後の天気の変化を予測することができます。

 

急に霧がかかり頂上が見えなくなったときに『いったん近くの山小屋に引き返そう』という判断もできるわけです。

 

今までも営業マンとして成績を残してきているわけですから、今スランプに陥っているのには理由があるはずです。

 

むやみやたら方法を変えるのではく、まずは『基本』に立ち返って、そのうえで『数値データ』を分析して原因をつきとめ徹底的に改善することが大切です。

 

そして『行動量』をしっかりと上げていけば、おのずと結果がついてきます。

 

皆さんの活躍をささやかながら願っております。

 

 

 

 

 

Zousan
Zousan
このサイトでは主に『仕事・営業・転職』についてのお悩みを解決する記事を掲載しています。

 

 

☞ 今の自分の【職場に”不満がある”方】はこちら

【3分で読める!】20代におすすめ7選|プロ直伝のおすすめ転職サイト・転職エージェント20代はキャリアを模索しつつスキルを磨く時期。【やりがい】と【年収・給料】ともに満足できる職場に勤めたいですよね。そこで転職を成功に導く" 秘訣 "は『転職サイト』と『転職エージェント』を併用して通過率を上げること。3回の転職で20社以上利用した私がおすすめする【20代向け転職サイト・転職エージェント】をご紹介します。...

 

 

☞【第二新卒におすすめ】転職エージェントはこちら

第二新卒プロ直伝のおすすめ転職サイト・エージェント7選
【3分で読める!】第二新卒におすすめ7選|プロ直伝のおすすめ転職サイト・転職エージェント会社との相性が良くなければ入社して早期に辞めることも1つの選択。でも社会人経験の少ない20代・第二新卒の転職活動は苦戦しがち。そこで第二新卒の転職に強い『転職サイト』と『転職エージェント』の併用がおすすめ。3回の転職経験で20社以上登録してきた私がおすすめする【第二新卒向け転職サイト・転職エージェント】をご紹介します。...

 

 

☞【第二新卒の転職】成功に必要な全知識はこちら

第二新卒の転職の成功の全知識
【第二新卒の転職】成功に必要な全知識|プロが教える成功率UP戦略と成功事例・失敗事例第二新卒は『転職に苦戦しがち』というイメージがある一方で、優秀な若手を欲しがる優良企業が多いのも事実。転職をすると決めたからには絶対に成功させたいですよね。そこで『第二新卒の転職におけるメリット・デメリット』と『第二新卒の転職成功率を上げるポイントと成功事例・失敗事例』について、徹底的に解説いたします。...

 

 

☞【第二新卒の転職】内定獲得率9割の転職理由の伝え方

第二新卒の転職理由まとめ
第二新卒の転職理由【まとめ】好印象を与える回答例文4選&内定獲得率9割の伝え方第二新卒は『転職に苦戦しがち』というイメージがある一方で、優秀な若手を欲しがる優良企業が多いのも事実。転職をすると決めたからには絶対に成功させたいですよね。そこで『第二新卒の転職理由で面接官に良い印象を与える回答例4選』と『内定獲得率9割を達成する転職理由のポジティブな言い換え』について、徹底的に解説いたします。...

 

 

☞ 第二新卒が転職するのに『有利な時期』と『失敗しないための7つの準備』を徹底解説

第二新卒の転職のタイミング
第二新卒が転職するのに『有利な時期』と『失敗しないための7つの準備』を徹底解説第二新卒は『転職に苦戦しがち』というイメージがある一方で、優秀な若手を欲しがる優良企業が多いのも事実。転職をすると決めたからには絶対に成功させたいですよね。そこで、第二新卒が転職するのに『有利な時期』と『転職に失敗しないために大切な7つの準備』について、徹底的に解説いたします。...

 

 

☞【第二新卒の転職】失敗する人に共通する特徴・失敗回避する7つの具体的対策法『事例付き』

第二新卒の転職に失敗する人の特徴
【第二新卒の転職】失敗する人に共通する特徴・失敗回避する7つの具体的対策法『事例付き』第二新卒は『転職に苦戦しがち』というイメージがある一方で、優秀な若手を欲しがる優良企業が多いのも事実。転職をすると決めたからには絶対に成功させたいですよね。そこで、『第二新卒の転職に失敗する人に共通する特徴』と『第二新卒の転職を失敗しないための具体的な7つの対策法』について、徹底的に解説いたします。...

 

 

☞【転職の最終面接】合格率は?通過率を上げる方法|好印象を与える『逆質問』の例文を解説

転職の最終面接の合格率
【転職の最終面接】合格率は?通過率を上げる方法|好印象を与える『逆質問』の例文を解説転職の最終面接での『合格率・通過率はどのくらい?』という疑問と、合格率を上げるためのポイントを解説いたします。また面接官に好印象を与える『逆質問』の例をあげて、転職に成功した人の体験談もご紹介します。最終面接まで行ったら絶対に内定をもらいたいですよね。この記事を読んで内定を勝ち取って下さい!...

 

 

☞【内定がもらえない?】戦略的な転職活動で成功に導くコツ・秘訣とは

転職を成功に導く4ステップ
【内定がもらえない?】戦略的な転職活動で成功に導くコツ・秘訣とは『内定がもらえない!』と悩む方に、転職を成功させるためのコツ・秘訣をご紹介します。【戦略的】な転職活動を進めるために4つのステップに分けて、無料の転職サービスを上手に活用しながら内定を勝ち取るための方法を徹底的に解説いたします。...

 

 

登録して待つだけ?【スカウト型転職サイト】を利用した新しい転職活動の進め方

工事の進捗を確認する
登録して待つだけ?【スカウト型転職サイト】を利用した新しい転職活動の進め方忙しい方におすすめの『スカウト型の転職サイト』のメリットやお手軽な転職活動の進め方をご紹介します。人気の大手企業や優良ベンチャーから『プラチナスカウト』が届いたら、内定にグッと近づくかもしれませんよ。...

 

 

今の仕事を辞めようか悩んでいる方や、すでに退職している方は、次の記事も読んでみて下さい。

 

【おすすめ記事一覧】

☞【入社半年で転職はおすすめしない】それでも辞めるなら退職理由は整理して

☞ 新卒入社1年目の転職はここに注意!成功のカギは退職する前の準備にあり

☞ 営業マンのつらい新人時代をいち早く抜け出す7つの方法

☞ 営業の仕事がつらい時に!7つの解決法を徹底解説!

☞『営業を辞めたい…』転職を成功させる”辞めたい理由別”の転職術と対処法

☞ 営業モチベーションの維持・管理が売上アップの鍵!【7つの極意とは】

☞ つらい営業スランプから脱出する3つの対処法を徹底解説【実践編】

☞ 30歳を超えたら営業から抜け出せなくなる!?営業を辞めるならいつ?

☞ 大企業を辞めるのはもったいない?営業力をつけたら年収が3倍になった話

☞【20代の転職失敗は地獄?】20代後半・未経験・女性の転職は厳しい?

☞ 登録して待つだけ?【スカウト型転職サイト】を利用した新しい転職活動の進め方

☞3回の転職で分かった!おすすめ【転職サイト・転職エージェント7選】

☞【30代向け】3度の転職で使って良かったおすすめ転職サイト・エージェント

☞【20代におすすめ】実際に使って良かった転職サイト・転職エージェント7選

☞【第二新卒におすすめ7選】経験者がおすすめする転職サイト・転職エージェント

☞【女性向け7選】3度の転職で分かった女性におすすめ転職サイト・エージェント

☞【2020年】おすすめ転職サイト・転職エージェント決定版!徹底調査した最新ランキング

 

【転職を成功させるポイント】

『いまの会社を辞めようかな』と思い始めたら、まずは『転職サイト』と『転職エージェント』には登録をしておきましょう。

 

なかでも、対面でキャリアの相談や履歴書の書き方などをアドバイスしてくれる『転職エージェント』はいくつか登録をしておいた方が無難です。

 

エージェントによってサポートの手厚さの違いや担当者との相性の良し悪しがありますので、できれば3社は登録しておくことをおすすめします。

 

登録も利用も無料で、さまざまなサポートを受けれますので、いち早く就職先を決めたいのであれば転職エージェントの利用は外せません。

 

今後は景気が冷え込み、企業の採用が減る可能性も高まっていますので、転職を考えている方はまず一度相談だけでもしてみましょう。

 

 

\【スマホで簡単3分】登録はこちら/

公式サイトからdodaに登録

/利用者の満足度は90%以上!!

 

*無料登録後も一切費用はかかりません

 

Zousan
Zousan
いまの仕事について、悩める方の参考になれば幸いです。